東京都三多摩少年野球協会

予選ブロック代表決定基準(2014年3月2日改訂)

事務局

1.ブロック代表決定に関して
  (1)予選ブロック終了期日までに決定すること。
  (2)ブロック代表2チームは、期日までに全試合を実施すること。
    ブロック代表該当のチームが、相手チームの関係で試合が実施できない場合は、
    三多摩協会はブロック内チームと協議して、その相手チームのブロック内
    全チームとの試合結果を抹消する等の処置を行い、代表2チームを決定する。

2.予選ブロック内の勝ち点を基準に、ブロック代表2チームを決定する。
  (1)勝ち点の多い順に、第1代表(予選1位)、第2代表(予選2位)となる。
  (2)予選リーグで不戦敗があった場合は失格となり、次位を繰り上げる。

  ※不戦敗の定義は、公認野球規則2.31、4.15のフォーフィッテッドゲーム(没収試合)参照

3.勝ち点の計算
  勝ちは1、負けは0、引分は0.5として計算する。

4.同じ勝ち点で「2チーム」が並んだ場合の順位
  次の基準を順次適用して順位を決定する。
  (1)直接対決の勝者
  (2)失点差(試合数に差がある場合は、1試合当たりの失点差)

  注記1)勝敗が確定した場合、90分を経過した後の得失点は含めない。

5.同じ勝ち点で「3チーム」が並んだ場合の順位
  (1)直接対決の勝者
   いわゆる「三つ巴」の場合は、次項以下を適用する。
  (2)失点差(試合数に差がある場合は、1試合当たりの失点差)

  ※上記の基準を適用しても決定しない場合は、監督によるくじ引きで決定する。

(例)6チームのブロックで、5試合ずつ試合を行い、3勝2敗、2勝2分1敗のチームが出た場合、
  両チームとも同じ勝ち点3になり、(1)直接対決の勝者、(2)失点差を順次適用して順位を
  決定する。

以上